2005年09月08日

ひまわりの洪水!!!

  @himawari-ippai.JPG   Ahimawari-usiro.JPG 

背筋をピンと張り、晴れの恵みを一杯に受けて咲くひまわりの花
車を運転中に大地を覆うようなひまわり畑が眼に飛び込んで

思わずカメラカメラカメラ!

場所は国道50号小島田交差点北部一帯に点在してます。

夏も盛りを過ぎた今、咲きそろったひまわりが、
その暑さを名残り惜しんでいるように見えます。

写真@は正面から    写真Aは後ろから

お日様に向かって咲くと言われるひまわり
実は完全に開花して茎が堅くなるまでです。

太陽が昇ってから昼過ぎまでは
太陽を追うように茎が伸びるのでお日様に向かって咲いてます。

でも夜は真上を向いてるそうです。(ほんと?確かめたいなぁ〜)
そして、完全に開花した後は自由気ままな方向を向くのだそうです。

私が見たひまわり畑はまだお日様に向かってぐんぐん伸びて咲いているので
これからが見頃でしょう。
ツボミのところも沢山ありました。

ひまわりで思い出すのがヴィンセント・ヴァン・ゴッホひまわり』の力強い油絵に
感動した女子高美術部アート時代。

頭の重いひまわり15本が小さめの花瓶(壷)に差してある非現実さ。
そして描き続けているうちに、しおれてしまったひまわりもしかり。

美術部員と熱く批評したな〜、
セザンヌ、ゴーギャン、モネ、ルノアール・・・
印象派の画家たちの絵を真似てみたり
スケッチ旅行、展覧会、木炭デッサン、、、、

ゴッホの『ひまわり』は新宿の損保ジャパン東郷青児美術館でみることが出来ます。
油絵なんて、もうずい分描いてないなぁ〜。
女子高生をテーマに描くことが多かった岩崎先生、
どうしてますか、会いたいな。





posted by リコ at 14:04| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | garden | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。