2007年03月02日

あの味が忘れられない

神社コロッケ女子高の帰り道
神社の境内で屋台売りしていた
コロッケをよく買って食べた ハートたち(複数ハート)
 
通称「神社コロッケ

しばらく前におじさんが高齢で引退したと聞いて
永遠に「神社コロッケ」は食べられないと思っていたところ
今日、主人が復活していると聞いて買ってきてくれた。

普通のコロッケと違ってもっちりとした食感で
ウスターソースの味が浸み込んでいる素朴なコロッケ

一枚 50円

久しぶりに頬張って懐かしさ一杯 ハートたち(複数ハート)
復活を試みたお店の人に感謝感謝。

もう一度食べてみたい 懐かしい味ありませんか 揺れるハート

posted by リコ at 22:38| 群馬 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | food | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へ〜〜!この大きなコロッケが50円?
最初からソースがついているの? それに真ん丸ですね?

食べてみたい懐かしい味って何だろう?

私の通っていた中学校の近くに大きなお肉屋さんがあって、そこでもやっぱりコロッケをいつも揚げていて、行列ができていました。じゃがいもの中にミンチも入っていて揚げたてなら何も付けなくてもとっても美味しいの。
クラスの男の子が食べたい人を募って塀を乗り越えて買いに行ってくれました。・・・リコさんのブログを読んで、すっかり忘れていた私の"コロッケの思い出"が蘇りました♪
Posted by jugon at 2007年03月03日 12:09
>jugonさん
いい想い出ですね♪
塀を乗り越えて買いに行ってくれた男の子・・・
そんな感じの男の子私のクラスにもいたいた(*^_^*)

小さい頃は、揚げたてのコロッケはご馳走でした☆
ハヒハヒフゥ〜。
Posted by リコ at 2007年03月03日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。