2006年11月19日

自慢の恩師なの

熱弁を振るう先生 赤煉瓦倉庫がよみがえる

小学校の3年間担任していただいた恩師S氏が
地元商店街に残る赤煉瓦倉庫で
絵画展と講演会を行いました。

先生は、教員を退職後に絵画(水彩画)を始められ、
独学で見事な手法により沢山の人を感動させる大作を描き
大きな賞を何度も受賞してます。

それでも平坦ではなく、大病を患って手術を重ねてからは、
特に「いのち」というテーマにこだわって描くことになったといいます。

海外でも高い評価を得るほどの生命の息吹き
最近の作品にはよ〜く出ています。

眼を瞑ると・・・

懐かしい授業風景を思い出す

とても印象的なのは、教科書を使わずに児童文学や
戦争秘話を教材にした授業。

登場人物の会話や仕草から胸の内を思い思いに発表する
授業だったのだけど、とても活気に溢れていて
どんな発言でも一人一人の思いや熱意を評価してくれることが嬉しくて
みんな思考回路全開で発表することが快感だった。

そんな授業が噂になって、教育関係者が見学する中で
公開授業 本 を行ったこともあったけど、背広姿の大人たちに
私たちの方が緊張してちっとも集中できずに終わってしまった あせあせ(飛び散る汗)
あの時、がっかりしてた先生の顔が忘れられない。

また、合唱も力を入れた練習だった。
心を一つにして声を出す、
歌えば歌うほどに声が響きあい
クラスが一つになったと実感できた るんるん

とにかく私たち一人一に主役のチャンスを与えてくれたのが
とても気持ちよかった、嬉しかった。


今も私たちにあの時と変わらぬ優しい言葉をかけて
ニコニコ握手してくれる先生がたまらなく好き ハートたち(複数ハート)




posted by リコ at 00:00| 群馬 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | life | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに「気ままな日記」拝見させて頂きました。
相変わらず、多忙かつ有意義な毎日を過ごしているようですね! もうすぐ  ?十才 になるとは思えませんね。
素晴らしい先生に、手編みのマフラーをプレゼント出来ましたか?
Posted by beelmen at 2006年11月23日 13:06
こんにちは〜、リコさん!

いつまでも尊敬できる先生がいてくださるって嬉しいですね。

今頃はあの素敵な色のマフラーがきっと先生の首元を暖めていてくれていますね〜。

先生の絵画を拝見できる、HPとかブログは無いのかしら?
Posted by jugon at 2006年11月23日 17:15
>beelmenさん
最近は、のんびりと更新してます。

マフラーは喜んでもらえました、
編んでよかった☆

>jugonさん
そうなんです、尊敬する先生がいつまでも元気で活躍してる姿を見られるのは嬉しいですね。

HPやブログは残念ながらないですね。
私のブログに先生のカテゴリ作っても面白いですね〜。
Posted by リコ at 2006年11月23日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。